052-932-9327
対応時間
平日 9時30分~18時
定休日
土・日・祝日

時間外受付 090-3253-9327

離婚 裁判 期間/宇田法律事務所

宇田法律事務所 > 離婚に関するキーワード > 離婚 裁判 期間

離婚 裁判 期間

  • 相続財産の調査

    理由としては、相続放棄には熟慮期間内に家庭裁判所に申述しなければならないという期限があり、相続財産の調査を怠っていると、思わず多額の債務を負うことになる恐れがあるためです。また、相続財産を把握していないと、相続税申告をすることができず、延滞税などのペナルティを課される恐れがあります。 ・相続財産の種類相続財産は、...

  • 不動産相続

    もっとも、合意に至らない場合には、家庭裁判所の指定した鑑定人による鑑定が行われます。 ・土地に利用権が付いている場合土地に賃借権や使用貸借権などの利用権が設定されている場合、更地価格から利用権価格を控除して評価されます。 ・不動産に担保権が付いている場合不動産に抵当権が設定されている場合、被担保債務が被相続人の債...

  • 土地の境界線

    この訴訟は、形式的形成訴訟という少し特殊な訴訟類型であるため、訴訟要件を満たせば、裁判所によって境界が確定されます。すなわち、請求棄却されることはありません。 宇田法律事務所では、「境界問題の解決方法」「筆界特定制度とは」などといった不動産に関する様々な業務を取り扱っております。名古屋市、安城市、豊田市、一宮市、...

  • 家賃滞納

    →民法上、支払期限を徒過した後に、賃貸人が催告し、相当期間が経過すれば、賃貸人は賃貸借契約を解除することができます(541条)。したがって、上記履行請求は、基本的にはこの契約解除のための催告であるため、賃借人としては、賃貸人から催告が来た場合には、賃料を支払わないと契約解除をされる虞があります。なお、実務上は、一...

  • 建物明け渡し・立ち退き

    建物賃貸借契約の期間満了ないしは解約の申し入れによる終了によって、賃借人に立ち退いて欲しい場合には、賃貸人としては以下のような法的手段を採ることになります。 まず、賃貸借契約が期間の定めのあるものであれば、期間満了の1年前から6か月前までに、期間の定めがないものであれば、契約を終了させたい日の6か月前までに、それ...

  • 賃料・家賃交渉

    ただし、一定期間建物の賃料を増額しない旨の特約がある場合には、上記請求はできません(同条項ただし書)。 そして、建物の賃料の増額について、当事者間の協議が調わないときは、その請求を受けた者(要は賃借人)は、増額を正当とする裁判が確定するまでは、相当と認める額の建物の賃料を支払うことをもって足りることになります(同...

  • 借地権とは

    その例としては、まず、借地借家法の適用を受ける借地権の契約期間は最短30年となります(3条)。そして、仮にこれより短い期間を契約で定めたとしても、それは無効となり(9条)、一律30年となります。また、借主は、契約期間満了による立ち退きの際に、建物買取請求権を行使することができます(13条1項)。 このように、借地...

  • 底地・借地権トラブルの解決

    借地契約の期間満了による明け渡しに関するトラブルについて、借地借家法はいくつかの規制を設けています。 まず、前提として、借地借家法の適用を受けるには、同法にいう「借地権」(2条1号)に当たる必要があります。すなわち、建物所有目的の借地権でなければなりません。そのため、事業目的等の他の目的での借地の場合には、借地借...

  • 債務整理のメリットとデメリット

    債務整理の手段としては、裁判所の外で行われ、債務者と債権者との交渉により行われる任意整理、債務者が破産を回避して経済生活の再生を図る民事再生、債務者の財産を清算するとともに、債務者の経済生活について再生の機会を確保する破産などがあります。 任意整理は、民事再生や破産とは異なり、裁判所の外で行われるものであるので、...

  • 任意整理とは

    任意整理とは、裁判所の外で行われるもので、債務者と債権者との交渉により行われる債務整理の手段をいいます。任意整理は、他の債務整理の手段である民事再生や破産などのような裁判所による法的整理とは異なり、簡易かつ迅速に行うことができるという利があります。 他方で、任意整理は、法律で定められた手続きというものがないことか...

  • 任意整理の方法と流れ

    任意整理とは、裁判所の外で行われるもので、債務者と債権者との交渉により行われる債務整理の手段をいいます。大まかな流れとしては、まず、債務者の方から委任を受け、債務者の方の資産状況などを調査し、債務者の方に適した弁済計画を作成します。そして、その弁済計画をもとに債権者と交渉し、交渉がまとまると、債権者とまとまった弁...

  • 自己破産とは

    宇田法律事務所は、自己破産、相続、不動産トラブル、交通事故、離婚問題などの法律問題を取り扱っております。名古屋市、安城市、豊田市、一宮市、岡崎市を中心に、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、東京、大阪にお住いの皆様からのご相談を承っております。任意整理などについてお困りの際はお気軽にお問い合わせください。豊富な知識と...

  • 自己破産の方法と流れ

    宇田法律事務所は、自己破産、相続、不動産トラブル、交通事故、離婚問題などの法律問題を取り扱っております。名古屋市、安城市、豊田市、一宮市、岡崎市を中心に、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、東京、大阪にお住いの皆様からのご相談を承っております。任意整理などについてお困りの際はお気軽にお問い合わせください。豊富な知識と...

  • 民事再生(個人再生)とは

    宇田法律事務所は、自己破産、相続、不動産トラブル、交通事故、離婚問題などの法律問題を取り扱っております。名古屋市、安城市、豊田市、一宮市、岡崎市を中心に、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、東京、大阪にお住いの皆様からのご相談を承っております。任意整理などについてお困りの際はお気軽にお問い合わせください。豊富な知識と...

  • 民事再生(個人再生)の方法と流れ

    その後の大まかな流れとしては、債権調査などを経て再生計画案を作成し、決議に付し(民事再生法230条1項)、これが可決されたときは、裁判所が認可か不認可かの判断をするというようになっています。 宇田法律事務所は、自己破産、相続、不動産トラブル、交通事故、離婚問題などの法律問題を取り扱っております。名古屋市、安城市、...

  • 過払い金返還請求

    宇田法律事務所は、自己破産、相続、不動産トラブル、交通事故、離婚問題などの法律問題を取り扱っております。名古屋市、安城市、豊田市、一宮市、岡崎市を中心に、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、東京、大阪にお住いの皆様からのご相談を承っております。任意整理などについてお困りの際はお気軽にお問い合わせください。豊富な知識と...

  • ヤミ金被害

    宇田法律事務所は、自己破産、相続、不動産トラブル、交通事故、離婚問題などの法律問題を取り扱っております。名古屋市、安城市、豊田市、一宮市、岡崎市を中心に、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、東京、大阪にお住いの皆様からのご相談を承っております。任意整理などについてお困りの際はお気軽にお問い合わせください。豊富な知識と...

  • 後遺障害等級

    宇田法律事務所では、名古屋市、安城市、豊田市、一宮市、岡崎市を中心に「後遺障害認定の期間はいつごろか」、「後遺障害の診断書はどのようにもらえばよいか」など、さまざまな交通事故問題のご相談を承っております。これらの地域に限らず、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、東京、大阪周辺まで対応しておりますので、交通事故問題でお...

  • 物損事故

    実際の裁判においては、評価損はすべての場合に認められるわけではなく、登録後経過した年数や走行距離、、損傷部位、車種等を考慮して評価損の有無が決定します。 ■その他の損害車両自体の損害以外にも、損害が発生することがあります。買替を行う際の自動車取得税・ナンバープレート代などは買替諸費用として損害になります。また、加...

  • 過失割合

    裁判においては、過失相殺は裁判官の自由な認定によって行われるとされていますが、同種の事案は、同じように過失相殺されるのが公平であることから、一定の基準がさだめられています。 ・被害者側の過失過失相殺を行う際に考慮される過失は被害者本人の過失にとどまらず、被害者「側」の過失も含まれるとされています。被害者と身分上ま...

  • 離婚の種類

    ご夫婦が最終的に離婚に至るためには、4種類の方法が存在します。 1つ目の離婚方法は「協議離婚」です。これは、裁判所での審判などを必要とせず、ご夫婦の合意のみで離婚を成立させる方法です。慰謝料の有無や養育費、財産分与などの事柄についてご夫婦が話し合い、すべての事柄で合意に至ることができれば、離婚届を記入し、提出・受...

  • 慰謝料(不貞行為)

    離婚をお考えの方の中には、慰謝料請求の可能性についてお悩みの方も少なくありません。 基本的に、ご夫婦の一方に離婚原因がある場合は、離婚原因のある側に慰謝料を支払う義務が発生します。そのため、まずは慰謝料の支払い義務があるか否かを判断することが不可欠です。ここにおいて重要となるのが「離婚事由」、つまり離婚に至る原因...

  • 財産分与

    「財産分与」とは、婚姻生活中にご夫婦が互いに協力して得た財産を、離婚の際に、財産への貢献度に応じて分配するという制度です。一般的には、お二人の財産を2分の1に分割することになります。この財産分与において、重要なキーワードとなるのが「財産への貢献度」です。つまり、たとえ婚姻生活中はずっと家事を担当しており、収入を得...

  • 婚姻費用分担請求

    「配偶者に離婚したい旨を伝えたところ、別居されてしまい、それから生活費をもらえず困窮している」離婚に際し、このようなお悩みをお持ちの方も少なくありません。その際に有効なものが「婚姻費用分担請求」です。 まず「婚姻費用」とは、ご夫婦が婚姻生活において必要とする費用を指す言葉です。生活費をはじめとして、医療費や交際費...

  • 子供の養育費

    未成熟子のお子様をお持ちのご家庭においては、ご夫婦が離婚する際、必ずお子様の親権者を決めなければなりません。そして一般的には、親権者となった方とお子様が共に生活を送ることになります。しかし、離婚を経験して夫婦関係は解消されたとはいえ、親権者ではない方も、お子様の親御さんであることは変わりありません。そのため法律は...

  • 親権と監護権

    お子様をお持ちのご夫婦が離婚する際、必ず考慮しなければならないのが「お子様の親権」をめぐる問題です。その一方で、親権という権利について、あまり具体的にご存知でないという方も少なくありません。 まず、親権とは、未成年者のお子様を監護・養育し、その財産を管理し、そのお子様の代理人として法律行為をする権利・義務のことを...

  • 株やFXの失敗を自己破産で借金ゼロにできるか

    しかし、同条2項には、裁量免責という制度があり、これは、仮に、免責不許可事由に該当したとしても、裁判所が一切の事情を考慮して相当と認めるときは、その裁量で免責を認めることができる、というもので、株式・FX投資の失敗による債務についても、この裁量免責が認められるケースがほとんどです。 したがって、株式・FX投資で失...

  • 個人再生すると自動車は手放さないといけないのか

    そして、個人再生の場合、裁判所にいかなる財産を持っているか報告する必要がありますが、自動車を所有している場合、その旨の報告をします。これは、「清算価値保障原則」というもので、すなわち、債務者(再生者)が保有する財産相当額は、最低限返済しなければならない、というルールで、自動車を所有する場合には、その価額相当額は、...

  • 遺言書の効力に関する基礎知識

    また、遺言者は、遺言書によって、5年を超えない期間は、遺産の分割を禁止することもできます。 ③遺贈(964条)遺言者は、遺言書によって、遺贈をすることができます。遺贈とは、(基本的には)法定相続人以外の者に対して、遺言書によってする贈与のことです。 ④推定相続人の廃除(893条)遺言者は、遺言書によって、推定相続...

  • 人身事故の示談交渉をするタイミングはいつか

    示談交渉とは、裁判など法的手段によらず、当事者がお互いに合意することで、損害賠償問題において和解を成立させる方法です。損害賠償問題において示談交渉が行われるため、交通事故以外にも民事上の問題については広く示談交渉という手段が用いられています。交通事故における示談交渉の特徴としては、人身事故のように被害者の方が実際...

  • パチンコや競馬などギャンブルでできた借金の対処

    自己破産手続を通してそうした借金を無くすためには、裁判官の裁量による免責決定を目指す他ありません。そのためには弁護士と綿密な連絡をとり、反省文を作成や、負債の一部を立て替えて全債権者に均等に返済をするなどの方法をとらなければなりません。 もし自己破産で免責を受けることが出来なければ、個人再生手続や任意整理など、他...

宇田法律事務所が提供する基礎知識

  • 慰謝料・損害賠償

    ■慰謝料・損害賠償・慰謝料とは損害賠償を受けることができる項目は、財産的損害と精神的損害に分けることができ、この精神的損...

  • 自己破産とは

    自己破産とは、債務者の財産を清算するとともに、債務者の経済生活について、再生の機会を確保する債務整理の手段をいいます。破...

  • ヤミ金被害

    いわゆるヤミ金融とは、貸金業登録をせずに、著しく高い金利を付して金銭を貸し付けるという様な行為をする業者をいいます。この...

  • 財産分与

    「財産分与」とは、婚姻生活中にご夫婦が互いに協力して得た財産を、離婚の際に、財産への貢献度に応じて分配するという制度です...

  • 物損事故

    ■物損事故物損事故とは、交通事故において人身に損害が生じなかった場合をいいます。ここでは、物損事故特有の損害について解説...

  • 親権と監護権

    お子様をお持ちのご夫婦が離婚する際、必ず考慮しなければならないのが「お子様の親権」をめぐる問題です。その一方で、親権とい...

  • 追突事故の過失割合につい...

    ■交通事故における損害賠償請求と過失割合交通事故によって被害を受けた場合には民法709条に規定されている不法行為に基づく...

  • 遺言書の効力に関する基礎...

    遺言書の効力によって、遺言者が行えることは、基本的には、自身の財産を、誰に、どのように相続させるか、という点に集約されま...

  • 自己破産の方法と流れ

    自己破産は、まず、債務者が自己破産の手続き開始の申し立てすることから始まります。申し立ては、申立書と所定の添付書類によっ...

  • 離婚の種類

    ご夫婦が最終的に離婚に至るためには、4種類の方法が存在します。 1つ目の離婚方法は「協議離婚」です。これは、裁...

よく検索されるキーワード

所属弁護士紹介

ご自身にとっての最善の方法を一緒に導きだせるように、全力でサポート致します。

宇田代表弁護士の写真
代表弁護士
宇田 幸生(Uda Kosei)
所属団体
愛知県弁護士会(26448)
ごあいさつ

私が弁護士を志した理由は、父親の影響によるところが大と言っても過言ではありません。

父親は、名古屋で不動産業を営む零細企業の経営者で、日常的に「家賃の滞納だ」「明け渡しだ」などと言っては、自力で書類を作って裁判所に出している父の姿を見ておりました。

また、繁華街でもビルオーナーをしていた関係か、反社会的勢力との間でのトラブルに巻き込まれることもありました。

父親からは、口酸っぱく「最終的には自分の身を守ってくれるものが法律だ。」「法律はどんなところでも通用する。法律を使えば国が味方になって力を貸してくれる」などと聞かされて育ちました。

父親の思惑通りか否かは不明ですが、大学進学後は法学部へ行き、実際に法律を扱う「弁護士」という仕事に就くことになりました。

経歴
1972年 愛知県名古屋市生まれ
1995年 関西大学法学部法律学科卒
1996年 司法試験第二次試験合格
1999年 旧名古屋弁護士会(現愛知県)弁護士会登録
2005年 愛知大学法科大学院非常勤講師(臨床実務 犯罪被害者支援)
2005年-現在 財団法人日弁連交通事故相談センター愛知県支部嘱託弁護士
2009年-現在 日本司法支援センター愛知地方事務所地方扶助審査委員
2010年-現在 愛知大学法科大学院非常勤講師(臨床実務 犯罪被害者支援)
2013年–2015年 愛知県弁護士会犯罪被害者支援委員会委員長
2013年-現在 宇田法律事務所開設
2014年-現在 公益社団法人被害者サポートセンターあいち理事
2016年-2017年 名古屋市犯罪被害者等支援条例(仮)検討懇談会 座長
石川弁護士の写真
所属弁護士
石川 耕三(Ishikawa Kozo)
プロフィール
愛知県安城市 1978年生まれ
ごあいさつ
企業から個人の方々まで、紛争やトラブルに直面したときの悩みや不安は様々です。私はこれまで、中小企業法務、交通事故、労働事件、破産・民事再生・任意整理などの債務整理事件、離婚・相続などの家事事件、不貞慰謝料などの男女問題、建築事件、医療事件、刑事弁護や少年事件、破産管財人(個人・法人)など、多種多様な案件に携わって参りました。
その中で弁護士として感じる喜びは、未然に紛争を予防することの安心感を抱いてもらったとき、一つ一つの案件に粘り強く取り組んだことで依頼者の方々の不安や悩みが解消されたときです。
これからも精緻な法令調査と迅速な対応を基に、依頼者の真の要望を的確に把握しながら、最善の予防法務や紛争解決に努めて参りたいと思っています。
経歴
2002年 同志社大学法学部法律学科卒業
2010年 中京大学法科大学院修了
2010年 司法試験合格
2012年 愛知県弁護士会登録
2013年-現在 愛知県弁護士会 弁護士業務改革委員会委員
2013年-現在 愛知県弁護士会 刑事処遇に関する委員会委員
2014年-現在 (公財)日弁連交通事故相談センター愛知県支部 嘱託弁護士
2016年-現在 あいち中小企業法律支援センター相談員
2018年-現在 愛知県商工会連合会 地域弁護士
2018年-2019年 「交通事故損害賠償額算定基準(15訂版)」改訂チーム
2019年 宇田法律事務所入所

福利厚生顧問弁護士®制度について

会社顧問でありながら、従業員の皆様からの法律相談にも対応するのが、 福利厚生顧問弁護士®です。

中小企業で働く人の割合は62.7%。中小企業を元気にして、日本全体を元気にしたい。顧問弁護士を契約するのは、ある程度の規模の会社がするとお考えの方も多いかと思います。しかし、「福利厚生弁護士®制度」は、大切な従業員様をお守りするための制度でもあります。


今の複雑化した社会では、離婚や相続、交通事故など法律にまつわるプライベートな困り事に従業員さんが突然巻き込まれることもありえます。経営者の皆様には、弁護士との接点が持ちにくい従業員さんとの架け橋となっていただき、いざという時に従業員さんのことを守ることができる手段の一つとして福利厚生顧問弁護士®をご検討ください。

事務所概要

事務所名 宇田法律事務所
所属 愛知県弁護士会
代表者 代表弁護士 宇田 幸生
所在地 〒461-0002 名古屋市東区代官町33番9号 Kビル3階
電話/FAX TEL:052-932-9327 / FAX:052-932-9328
アクセス 新栄町駅から徒歩8分/高岳駅から徒歩7分
対応時間

平日9:30~18:00

※時間外のご予約は090-3253-9327までお願いします。

定休日 土・日・祝
事務所開設 2013年5月
業務内容 相続、不動産トラブル、自己破産、交通事故、離婚問題など。
対応エリア

愛知、岐阜、三重を中心に対応。

その他の地域の場合でもお気軽にご相談ください。

事務所外観(1) 事務所外観(2)

ページトップへ