052-932-9327
対応時間
平日 9時30分~18時
定休日
土・日・祝日

時間外受付 090-3253-9327

親権 裁判/宇田法律事務所

宇田法律事務所 > 離婚に関するキーワード > 親権 裁判

親権 裁判

  • 離婚の種類

    これは、裁判所での審判などを必要とせず、ご夫婦の合意のみで離婚を成立させる方法です。慰謝料の有無や養育費、財産分与などの事柄についてご夫婦が話し合い、すべての事柄で合意に至ることができれば、離婚届を記入し、提出・受理されることで協議離婚を成立させることができます。そのため、調停や裁判に進む必要がなく、最も簡単に離...

  • 相続財産の調査

    理由としては、相続放棄には熟慮期間内に家庭裁判所に申述しなければならないという期限があり、相続財産の調査を怠っていると、思わず多額の債務を負うことになる恐れがあるためです。また、相続財産を把握していないと、相続税申告をすることができず、延滞税などのペナルティを課される恐れがあります。 ・相続財産の種類相続財産は、...

  • 不動産相続

    もっとも、合意に至らない場合には、家庭裁判所の指定した鑑定人による鑑定が行われます。 ・土地に利用権が付いている場合土地に賃借権や使用貸借権などの利用権が設定されている場合、更地価格から利用権価格を控除して評価されます。 ・不動産に担保権が付いている場合不動産に抵当権が設定されている場合、被担保債務が被相続人の債...

  • 土地の境界線

    この訴訟は、形式的形成訴訟という少し特殊な訴訟類型であるため、訴訟要件を満たせば、裁判所によって境界が確定されます。すなわち、請求棄却されることはありません。 宇田法律事務所では、「境界問題の解決方法」「筆界特定制度とは」などといった不動産に関する様々な業務を取り扱っております。名古屋市、安城市、豊田市、一宮市、...

  • 賃料・家賃交渉

    そして、建物の賃料の増額について、当事者間の協議が調わないときは、その請求を受けた者(要は賃借人)は、増額を正当とする裁判が確定するまでは、相当と認める額の建物の賃料を支払うことをもって足りることになります(同条2項本文)。ただし、その裁判が確定した場合において、既に支払った額に不足があるときは、その不足額に年一...

  • 債務整理のメリットとデメリット

    債務整理の手段としては、裁判所の外で行われ、債務者と債権者との交渉により行われる任意整理、債務者が破産を回避して経済生活の再生を図る民事再生、債務者の財産を清算するとともに、債務者の経済生活について再生の機会を確保する破産などがあります。 任意整理は、民事再生や破産とは異なり、裁判所の外で行われるものであるので、...

  • 任意整理とは

    任意整理とは、裁判所の外で行われるもので、債務者と債権者との交渉により行われる債務整理の手段をいいます。任意整理は、他の債務整理の手段である民事再生や破産などのような裁判所による法的整理とは異なり、簡易かつ迅速に行うことができるという利があります。 他方で、任意整理は、法律で定められた手続きというものがないことか...

  • 任意整理の方法と流れ

    任意整理とは、裁判所の外で行われるもので、債務者と債権者との交渉により行われる債務整理の手段をいいます。大まかな流れとしては、まず、債務者の方から委任を受け、債務者の方の資産状況などを調査し、債務者の方に適した弁済計画を作成します。そして、その弁済計画をもとに債権者と交渉し、交渉がまとまると、債権者とまとまった弁...

  • 民事再生(個人再生)の方法と流れ

    その後の大まかな流れとしては、債権調査などを経て再生計画案を作成し、決議に付し(民事再生法230条1項)、これが可決されたときは、裁判所が認可か不認可かの判断をするというようになっています。 宇田法律事務所は、自己破産、相続、不動産トラブル、交通事故、離婚問題などの法律問題を取り扱っております。名古屋市、安城市、...

  • 物損事故

    実際の裁判においては、評価損はすべての場合に認められるわけではなく、登録後経過した年数や走行距離、、損傷部位、車種等を考慮して評価損の有無が決定します。 ■その他の損害車両自体の損害以外にも、損害が発生することがあります。買替を行う際の自動車取得税・ナンバープレート代などは買替諸費用として損害になります。また、加...

  • 過失割合

    裁判においては、過失相殺は裁判官の自由な認定によって行われるとされていますが、同種の事案は、同じように過失相殺されるのが公平であることから、一定の基準がさだめられています。 ・被害者側の過失過失相殺を行う際に考慮される過失は被害者本人の過失にとどまらず、被害者「側」の過失も含まれるとされています。被害者と身分上ま...

  • 慰謝料(不貞行為)

    一方で、調停や裁判を必要としない協議離婚においては、そもそも慰謝料を請求するか否かといった問題から、慰謝料の額、支払い方法など、具体的な内容をご夫婦で話し合って決めることができます。また万が一、慰謝料の有無や額について、十分に話し合わないまま協議離婚を成立させてしまった場合でも、離婚後3年以内であれば、慰謝料請求...

  • 婚姻費用分担請求

    一方で、裁判所においては、婚姻費用を定める際「婚姻費用算定表」が使用されています。そのため、この算定表を基準として話し合いを進めるケースも少なくありません。 ご夫婦で話し合ってもなお、婚姻費用を分担してもらえない場合は、「婚姻費用分担請求調停」を行うことができます。上記の調停を行う際は、「婚姻費用分担請求調停の申...

  • 子供の養育費

    未成熟子のお子様をお持ちのご家庭においては、ご夫婦が離婚する際、必ずお子様の親権者を決めなければなりません。そして一般的には、親権者となった方とお子様が共に生活を送ることになります。しかし、離婚を経験して夫婦関係は解消されたとはいえ、親権者ではない方も、お子様の親御さんであることは変わりありません。そのため法律は...

  • 親権と監護権

    お子様をお持ちのご夫婦が離婚する際、必ず考慮しなければならないのが「お子様の親権」をめぐる問題です。その一方で、親権という権利について、あまり具体的にご存知でないという方も少なくありません。 まず、親権とは、未成年者のお子様を監護・養育し、その財産を管理し、そのお子様の代理人として法律行為をする権利・義務のことを...

  • 株やFXの失敗を自己破産で借金ゼロにできるか

    しかし、同条2項には、裁量免責という制度があり、これは、仮に、免責不許可事由に該当したとしても、裁判所が一切の事情を考慮して相当と認めるときは、その裁量で免責を認めることができる、というもので、株式・FX投資の失敗による債務についても、この裁量免責が認められるケースがほとんどです。 したがって、株式・FX投資で失...

  • 個人再生すると自動車は手放さないといけないのか

    そして、個人再生の場合、裁判所にいかなる財産を持っているか報告する必要がありますが、自動車を所有している場合、その旨の報告をします。これは、「清算価値保障原則」というもので、すなわち、債務者(再生者)が保有する財産相当額は、最低限返済しなければならない、というルールで、自動車を所有する場合には、その価額相当額は、...

  • 人身事故の示談交渉をするタイミングはいつか

    示談交渉とは、裁判など法的手段によらず、当事者がお互いに合意することで、損害賠償問題において和解を成立させる方法です。損害賠償問題において示談交渉が行われるため、交通事故以外にも民事上の問題については広く示談交渉という手段が用いられています。交通事故における示談交渉の特徴としては、人身事故のように被害者の方が実際...

  • パチンコや競馬などギャンブルでできた借金の対処

    自己破産手続を通してそうした借金を無くすためには、裁判官の裁量による免責決定を目指す他ありません。そのためには弁護士と綿密な連絡をとり、反省文を作成や、負債の一部を立て替えて全債権者に均等に返済をするなどの方法をとらなければなりません。 もし自己破産で免責を受けることが出来なければ、個人再生手続や任意整理など、他...

  • 追突事故の過失割合について

    そして民法722条は、被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる、と規定していますから被害者に過失があった場合は過失割合に応じて損害賠償額が減額されることとなります。 ■追突事故の過失割合相手方になんらの落ち度がない場合には100%の過失割合になる場合がありますが、違法...

  • B型肝炎訴訟について

    日本においてB型肝炎は2006年に最高裁判決(最判平成18年6月16日裁判時報1414号3頁)が下された一連の「B型肝炎訴訟」により社会的な注目を集めました。この事件は、B型肝炎ウイルスに感染した5人の原告が、国に対し、集団予防接種等によりB型肝炎ウイルスに感染して肉体的・精神的・社会的・経済的損害を被ったとして...

  • B型肝炎給付金とは

    B型肝炎訴訟判決(最判平成18年6月16日裁判時報1414号3頁)を受けて、国と原告らとの間で締結された基本合意書が作成され、これを踏まえて特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特定措置法(B肝特措法)が制定されるに至りました。こうして全国のB型肝炎患者に対して給付金が支給されることになります。 給付金...

  • どこからが不貞行為(浮気・不倫)になる?

    最終手段である裁判離婚は、家庭裁判所の判決で離婚することができます。しかし、離婚訴訟の提起には、民法上の離婚事由に該当すること、離婚調停を一度は経ていることが条件となっており、ハードルが高いものです。不貞行為があった場合は、最後には離婚訴訟で解決を図れることは、一つの大きな特徴と言えるでしょう。 ■不貞行為の慰謝...

  • 債務整理をするとローンは組めない?

    ■債務整理とは債務整理とは、支払えなくなった借金を減額したり、なくしたりして、負担を軽減する救済措置をいいます。債務整理には、以下の3種類があります。 ・任意整理…・個人再生…・自己破産… ■債務整理をするとローンが組めなくなる?そして、こうした債務整理を行うと、その種類を問わず5~10年はローンが組めなくなりま...

  • 専業主婦でも親権は獲得できるのか

    夫婦が離婚する際、問題となるのが「子供の親権問題」です。そして、離婚問題の中には、離婚される一方当事者が専業主婦であり金銭的余裕がないというケースが多く存在します。このような場合、お金に余裕のある配偶者に親権が取られてしまうのだろうかとお考えになる方もいらっしゃるかと存じます。 しかしながら、子供の親権について争...

  • 離婚調停の進め方

    離婚調停とは、離婚に関する問題について、夫婦間で話し合ってもうまく話がまとまらなかった場合に、家庭裁判所において調停委員を間に挟むことで話し合いを進める離婚方法をいいます。 ■離婚調停の進め方離婚調停は、離婚調停を希望する夫もしくは妻が相手方の住所地の家庭裁判所又は夫と妻の間における合意で定める家庭裁判所に申し立...

宇田法律事務所が提供する基礎知識

  • 子供の養育費

    「養育費」とは、社会的に自立していない「未成熟子」のお子様を養育するための費用を指す言葉です。生活費はもちろんのこと、医...

  • 債務整理をするとローンは...

    ■債務整理とは債務整理とは、支払えなくなった借金を減額したり、なくしたりして、負担を軽減する救済措置をいいます。債務整理...

  • 不動産相続

    ■不動産相続不動産を相続した場合に問題となるのは、不動産がどれだけの価値を有しているか、という点です。 遺産の...

  • 婚姻費用分担請求

    「配偶者に離婚したい旨を伝えたところ、別居されてしまい、それから生活費をもらえず困窮している」離婚に際し、このようなお悩...

  • 過払い金返還請求

     利息制限法という法律により、借りた金額によって金利の上限が定められています。過払い金とは、その上限を超えた金利を支払っ...

  • 遺言書の作成

    ■遺言書の作成・遺言書作成のメリット遺言書を作成することで、遺産分割の際の紛争を未然に防ぐことができます。遺言書は遺言の...

  • 財産分与

    「財産分与」とは、婚姻生活中にご夫婦が互いに協力して得た財産を、離婚の際に、財産への貢献度に応じて分配するという制度です...

  • 追突事故の過失割合につい...

    ■交通事故における損害賠償請求と過失割合交通事故によって被害を受けた場合には民法709条に規定されている不法行為に基づく...

  • 土地の境界線

    自分の土地と隣の人の土地との境界が不明確になっている場合、以下のような手段を採ることができます。 ・交渉→まず...

  • ヤミ金被害

    いわゆるヤミ金融とは、貸金業登録をせずに、著しく高い金利を付して金銭を貸し付けるという様な行為をする業者をいいます。この...

よく検索されるキーワード

所属弁護士紹介

ご自身にとっての最善の方法を一緒に導きだせるように、全力でサポート致します。

宇田代表弁護士の写真
代表弁護士
宇田 幸生(Uda Kosei)
所属団体
愛知県弁護士会(26448)
ごあいさつ

私が弁護士を志した理由は、父親の影響によるところが大と言っても過言ではありません。

父親は、名古屋で不動産業を営む零細企業の経営者で、日常的に「家賃の滞納だ」「明け渡しだ」などと言っては、自力で書類を作って裁判所に出している父の姿を見ておりました。

また、繁華街でもビルオーナーをしていた関係か、反社会的勢力との間でのトラブルに巻き込まれることもありました。

父親からは、口酸っぱく「最終的には自分の身を守ってくれるものが法律だ。」「法律はどんなところでも通用する。法律を使えば国が味方になって力を貸してくれる」などと聞かされて育ちました。

父親の思惑通りか否かは不明ですが、大学進学後は法学部へ行き、実際に法律を扱う「弁護士」という仕事に就くことになりました。

経歴
1972年 愛知県名古屋市生まれ
1995年 関西大学法学部法律学科卒
1996年 司法試験第二次試験合格
1999年 旧名古屋弁護士会(現愛知県)弁護士会登録
2005年 愛知大学法科大学院非常勤講師(臨床実務 犯罪被害者支援)
2005年-現在 財団法人日弁連交通事故相談センター愛知県支部嘱託弁護士
2009年-現在 日本司法支援センター愛知地方事務所地方扶助審査委員
2010年-現在 愛知大学法科大学院非常勤講師(臨床実務 犯罪被害者支援)
2013年–2015年 愛知県弁護士会犯罪被害者支援委員会委員長
2013年-現在 宇田法律事務所開設
2014年-現在 公益社団法人被害者サポートセンターあいち理事
2016年-2017年 名古屋市犯罪被害者等支援条例(仮)検討懇談会 座長

福利厚生顧問弁護士®制度について

会社顧問でありながら、従業員の皆様からの法律相談にも対応するのが、 福利厚生顧問弁護士®です。

中小企業で働く人の割合は62.7%。中小企業を元気にして、日本全体を元気にしたい。顧問弁護士を契約するのは、ある程度の規模の会社がするとお考えの方も多いかと思います。しかし、「福利厚生弁護士®制度」は、大切な従業員様をお守りするための制度でもあります。


今の複雑化した社会では、離婚や相続、交通事故など法律にまつわるプライベートな困り事に従業員さんが突然巻き込まれることもありえます。経営者の皆様には、弁護士との接点が持ちにくい従業員さんとの架け橋となっていただき、いざという時に従業員さんのことを守ることができる手段の一つとして福利厚生顧問弁護士®をご検討ください。

事務所概要

事務所名 宇田法律事務所
所属 愛知県弁護士会
代表者 代表弁護士 宇田 幸生
所在地 〒461-0002 名古屋市東区代官町33番9号 Kビル3階
電話/FAX TEL:052-932-9327 / FAX:052-932-9328
アクセス 新栄町駅から徒歩8分/高岳駅から徒歩7分
対応時間

平日9:30~18:00

※時間外のご予約は090-3253-9327までお願いします。

定休日 土・日・祝
事務所開設 2013年5月
業務内容 相続、不動産トラブル、自己破産、交通事故、離婚問題など。
対応エリア

愛知、岐阜、三重を中心に対応。

その他の地域の場合でもお気軽にご相談ください。

事務所外観(1) 事務所外観(2)

ページトップへ