052-932-9327
対応時間
平日 9時30分~18時
定休日
土・日・祝日

時間外受付 090-3253-9327

個人再生すると自動車は手放さないといけないのか/弁護士法人 宇田法律事務所

宇田法律事務所 > 債務整理 > 個人再生すると自動車は手放さないといけないのか

個人再生すると自動車は手放さないといけないのか

世間的には、個人再生をすると、所有する自動車を手放さないといけないと思われているようですが、必ずしも手放さなければいけなくなる訳ではありません。

 

詳述するに、まず、個人再生という制度は、自己破産と異なり、「清算」するのではなく、「再生」する手続です。そのため、自己の財産の一切を手放さなければならなくなる訳ではありません(この点の違いが、上記のような誤解を生んでいると思われます)。
そして、個人再生の場合、裁判所にいかなる財産を持っているか報告する必要がありますが、自動車を所有している場合、その旨の報告をします。これは、「清算価値保障原則」というもので、すなわち、債務者(再生者)が保有する財産相当額は、最低限返済しなければならない、というルールで、自動車を所有する場合には、その価額相当額は、返済しなければならなくなります。

 

以上の通り、基本的には、個人再生の場合、自動車を所有していたとしても、それを手放さなければならなくなることはありませんが、例外的に、以下のような場合には、手放さなければならなくなるおそれが高くなります。
それは、自動車が未だローン中で、かつローン契約に所有権留保特約が付されている場合です。この場合、ローン契約の相手方の信販会社等が、自動車を引き上げる可能性があります。
これはどういうことかというと、まず、所有権留保特約とは、法的には、抵当権のような担保権の性質を持ちます。そして、その内容は、ローンが完済されるまでは、信販会社等に自動車の所有権は留保されていて、完済されてはじめて所有権が移転するというものです。ここで、ローン中に個人再生を行った場合、ローンが完済されないことが見込まれる訳ですから、信販会社等としては、自動車の所有権に基づいて、自動車を引き上げて、そこから残ローンの回収を図ろうとします。

 

このように、自動車が未だローン中で、かつローン契約に所有権留保特約が付されている場合には、自動車を手放さなければならなくなるおそれは高い傾向にあります。なお、ローン契約に所有権留保特約が付されているかどうか確認するには、「車検証」の所有者欄をご覧ください。そこに、自分の名前ではなく、信販会社等の名称が記載されていた場合には、所有権留保特約が付されていると考えてよいでしょう。

 

宇田法律事務所では、債務整理に関する様々な業務を取り扱っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

宇田法律事務所が提供する基礎知識

  • 借地権とは

    借地権とは、字の通り、土地を借りる権利のことを言い、具体的には、土地の賃借権と地上権がこれにあたります。 もっ...

  • 賃料・家賃交渉

    建物の賃料が、①土地もしくは建物に対する租税その他の負担の増減により、②土地もしくは建物の価格の上昇もしくは低下その他の...

  • ヤミ金被害

    いわゆるヤミ金融とは、貸金業登録をせずに、著しく高い金利を付して金銭を貸し付けるという様な行為をする業者をいいます。この...

  • 株やFXの失敗を自己破産...

    株式投資や、FX投資で失敗して、多額の借金を負ってしまった場合、基本的には、自己破産によって、かかる借金を免除してもらう...

  • 家賃滞納

    土地や建物を借りている場合に、その賃料を滞納すると以下のような事態に陥ります。 ・履行請求→当然のことではあり...

  • 個人再生すると自動車は手...

    世間的には、個人再生をすると、所有する自動車を手放さないといけないと思われているようですが、必ずしも手放さなければいけな...

  • 騒音・振動

    隣人の騒音や振動によって迷惑を被っている場合、相手方に対して損害賠償を請求することが考えられます(民法709条)。&nb...

  • 自己破産とは

    自己破産とは、債務者の財産を清算するとともに、債務者の経済生活について、再生の機会を確保する債務整理の手段をいいます。破...

  • 財産分与

    「財産分与」とは、婚姻生活中にご夫婦が互いに協力して得た財産を、離婚の際に、財産への貢献度に応じて分配するという制度です...

  • 民事再生(個人再生)の方...

    民事再生の目的は、民事再生法1条にも規定のあるように債務者の経済生活の再生を図ることにあります。この目的を達成するために...

よく検索されるキーワード

所属弁護士紹介

ご自身にとっての最善の方法を一緒に導きだせるように、全力でサポート致します。

宇田代表弁護士の写真
代表弁護士
宇田 幸生(Uda Kosei)
所属団体
愛知県弁護士会(26448)
ごあいさつ

父親の影響によるところが大と言っても過言ではありません。

父親は、名古屋で不動産業を営む零細企業の経営者で、日常的に「家賃の滞納だ」「明け渡しだ」などと言っては、自力で書類を作って裁判所に出している父の姿を見ておりました。

また、繁華街でもビルオーナーをしていた関係か、反社会的勢力との間でのトラブルに巻き込まれることもありました。

父親からは、口酸っぱく「最終的には自分の身を守ってくれるものが法律だ。」「法律はどんなところでも通用する。法律を使えば国が味方になって力を貸してくれる」などと聞かされて育ちました。

父親の思惑通りか否かは不明ですが、大学進学後は法学部へ行き、実際に法律を扱う「弁護士」という仕事に就くことになりました。

経歴
1972年 愛知県名古屋市生まれ
1995年 関西大学法学部法律学科卒
1996年 司法試験第二次試験合格
1999年 旧名古屋弁護士会(現愛知県)弁護士会登録
2005年 愛知大学法科大学院非常勤講師(臨床実務 犯罪被害者支援)
2005年-現在 財団法人日弁連交通事故相談センター愛知県支部嘱託弁護士
2009年-現在 日本司法支援センター愛知地方事務所地方扶助審査委員
2010年-現在 愛知大学法科大学院非常勤講師(臨床実務 犯罪被害者支援)
2013年–2015年 愛知県弁護士会犯罪被害者支援委員会委員長
2013年-現在 宇田法律事務所開設
2014年-現在 公益社団法人被害者サポートセンターあいち理事
2016年-2017年 名古屋市犯罪被害者等支援条例(仮)検討懇談会 座長
大川弁護士の写真
所属弁護士
大川 大介(Okawa Daisuke)
プロフィール
愛知県春日井市 1980年生まれ
ごあいさつ
弁護士に相談することは敷居が高いことだと感じておられるかもしれませんが、些細なことでもお気軽にご相談下さい。私は、人の笑顔を見ることが大好きです。相談に来られた方が問題を解決したり、問題解決のヒントを掴んで、ほっとした表情で帰られる姿を見たときに、一番幸せを感じます。皆様さまに安心して頼っていただけるよう日々精進してまいりますので、よろしくお願いいたします。
経歴
1999年 菊里高校卒
2004年 名古屋大学法学部卒
2007年 南山大学法科大学院卒
2011年 司法試験第二次試験合格
2012年 愛知県弁護士会登録
2012年 民事介入暴力対策委員会、倒産実務対策委員会所属
2015年 宇田法律事務所所属

福利厚生顧問弁護士®制度について

会社顧問でありながら、従業員の皆様からの法律相談にも対応するのが、 福利厚生顧問弁護士®です。

中小企業で働く人の割合は62.7%。中小企業を元気にして、日本全体を元気にしたい。顧問弁護士を契約するのは、ある程度の規模の会社がするとお考えの方も多いかと思います。しかし、「福利厚生弁護士®制度」は、大切な従業員様をお守りするための制度でもあります。


今の複雑化した社会では、離婚や相続、交通事故など法律にまつわるプライベートな困り事に従業員さんが突然巻き込まれることもありえます。経営者の皆様には、弁護士との接点が持ちにくい従業員さんとの架け橋となっていただき、いざという時に従業員さんのことを守ることができる手段の一つとして福利厚生顧問弁護士®をご検討ください。

事務所概要

事務所名 弁護士法人 宇田法律事務所
所属 愛知県弁護士会
代表者 代表弁護士 宇田 幸生
所在地 〒461-0002 名古屋市東区代官町33番9号 Kビル3階
電話/FAX TEL:052-932-9327 / FAX:052-932-9328
アクセス 新栄町駅から徒歩8分/高岳駅から徒歩7分
支所名 碧海支所
支所住所・電話 〒446-0039 安城市花ノ木町11−14 浅谷ビル2階/TEL:0566-72-7066
支所アクセス JR安城駅から徒歩10分
対応時間

平日9:30~18:00

※時間外のご予約は090-3253-9327までお願いします。

定休日 土・日・祝
事務所開設 2013年5月
業務内容 相続、不動産トラブル、自己破産、交通事故、離婚問題など。
対応エリア

愛知、岐阜、三重を中心に対応。

その他の地域の場合でもお気軽にご相談ください。

事務所外観(1) 事務所外観(2)

ページトップへ